フラワーアレンジメントスクール「フラワーデザインスクール 秋桜花」

フラワーデザインスクール 秋桜花 無料登録  フラワーデザインスクール 秋桜花 お問い合わせ  フラワーデザインスクール 秋桜花 サイトマップ
フラワーデザインスクール 秋桜花 TOPページ フラワーデザインスクール 秋桜花について フラワーデザインスクール 秋桜花 スクール情報 フラワーアレンジメント 秋桜花 イベントについて フラワーアレンジメント 秋桜花 通信販売のご案内 フラワーアレンジメント 秋桜花 ニュース・最新情報
秋桜花 TOP > イベント報告一覧 > 秋桜花シンポジウム 2009
イベント報告 2009年1月25日 情熱大阪 2009
2009年6月18日(木)
「秋桜花シンポジウム2009」が開催されました。
4回目の開催となる今回の秋桜花シンポジウム会場は目白・椿山荘。都心の東京の中心にありながら、美しい日本庭園のある贅沢な空間でおもてなしをテーマにしている椿山荘は、「秋桜花シンポジウム」にふさわしい会場となりました。
前日まで降っていた雨もあがり、雨露がきらきらと光る中、デモンストレーションが終わる頃には、すがすがしい緑が映えわたるお天気にも恵まれた一日となりました。
第4回秋桜花杯コンペティション
参加者は総勢23名。今回から秋桜花門下生・一般からの参加者とも希望者が多く、選考の結果、予定していた人数を越えての開催となりました。
公開スタイルで行われた競技内容は、制作時間60分(資材選択+10分)の中で、ブーケ1点・アレンジメント1点を指定された花材で作成しました。この「花材を残さない」ことも採点ポイントで、どんなに良い作品でも、最後に花材を残していては失格になるのです。参加者は時間と与えられた花材をどう生かす作品を作るか?試行錯誤しながらの60分となりました。競技中には参加者にインタビューも行われ、参加者が紹介されると観客席から応援もあり、緊張感の中でも楽しく進行されました。
出来上がった作品は展示ルームにて審査が行われ、結果はフレンドシップパーティーにて発表されました。
神保豊のデモンストレーション
秋桜花からデザインプレゼンテーション
神保イズムを継承する、秋桜花のトッププロ所属メンバーと地方の門下生によるデモンストレーション。
1部から3部まで各デモンストレーターによるそれぞれの「花世界」に観客席はカメラを片手に大注目。神保レッスンの中から、そして日々の生活からたくさんのことを吸収し勉強し続けるメンバーだけあり、興味深いデザインの数々でした。モデルを使ったブライダルデザインや最新の資材などを取り入れたデザインは、神保イズムを取り入れつつも、デモンストレーター個々のオリジナルが感じられるプレゼンテーションとなりました。
神保豊のデモンストレーション
デモンストレーターも客席も熱気にあふれて… モデルを使ったファッションショーも!
神保豊のデモンストレーション

ホワイエには、各デモンストレーターの力作を展示!
多くの来場者が、熱心に細部まで見ていました。
韓国フローリストマイスター&神保豊デモンストレーション

メインイベントである韓国フローリストと神保豊のデモンストレーション。満員の会場の中、第一部としてオ・ソヒョン氏とハン・ドンギ氏、第二部として、キム・ヨンジュ氏と神保豊のデモンストレーションが行われました。
神保豊と韓国フローリストとのつながりは深く、韓国フラワーデザインが世界に目を向け始めた頃からのお付き合い。今回は多方面で活躍されている3名が招かれました。
韓国フラワーデザインの躍進は目覚しく、現在では世界各地で活躍されています。

日本語堪能なオ・ソヒョン氏が楽しく会場を盛り上げ、デモンストレーションの終わりにはデモンストレーターの3名より今後の韓国・日本のフラワーデザイナー友好の気持ちを込めて、ハン・ドンギ氏作成の花束が神保にサプライズプレゼントされました。

神保豊のデモンストレーション
オ・ソヒョン氏の作品 ハン・ドンギ氏の作品 キム・ヨンジュ氏の作品
 
神保豊の作品 会場は終始楽しいトークで大盛り上がりでした
フラワーデザインコンテスト
自由観覧(観覧無料)で行われたフラワーデザインコンテスト。
生花部門とプリザーブド部門の2部門にてフラワーデザイン経験者であればプロ・アマ問わず応募自由なコンテスト(展示サイズ=幅50p×奥行き50p×高さ120p以内 壁掛けは不可)として行われました。

会場は観覧無料ということもあり、たくさんの方々が観覧されていました。
作品の完成度も高く、見応えのあるコンテストになりました。
神保豊のデモンストレーション
フレンドシップパーティー
たくさんの協賛・来賓の方々を迎え、秋桜花につながりのあるみなさんでの楽しい交流の時間を過ごすことができました。
デモンストレーション作品の中から、神保の花束など数多が提供され、プレゼント抽選会が行われました。続いてコンテストの結果発表です。各コンテストの出場者は、パーティーの間もこの時間まで緊張した面持ちで結果を待っていました。自由観覧「フラワーデザインコンテスト」の結果発表に続いて、「第4回秋桜花杯コンペティション」の結果発表が行われました。コンペの優勝者には賞金20万円が授与されるとあって、皆さん固唾を呑んで見守る中での発表・表彰で、大いに盛り上がりました。
会がお開きになった後も、歓談の輪が続いていたのが印象的でした。
 
いかがでしたか?当日の雰囲気を少しでもお届けできれば幸いです!
秋桜花ではおよそ2年に1回、シンポジウムを開催しております。
詳細が決まり次第、このHPでもお知らせいたしますので、ぜひ一度ご参加下さい。
 
もう少し詳しく見てみたい!という方は、一般会員にご登録下さい。
一般会員登録はコチラ → MORE!
一般会員ページへ 特別会員ページへ